ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「新耐震」倒壊、再び問われる住まいの安全
「新耐震住宅」はなぜ倒壊したか(1)

(1/2ページ)
2016/8/31 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経ホームビルダー

 2016年4月に発生した熊本地震は、住宅業界に大きな衝撃を与えた。9月1日の「防災の日」を控え、熊本地震の実態から、これからの家づくりの在り方を考え直そうという人は多いだろう。本連載では、現行の耐震基準を満たした住宅でありながら、倒壊した要因などを探った。第1回は、熊本地震が住宅業界に与えた被害の深刻さを改めて振り返る。

 「築浅の現行基準の家が倒壊した」「新耐震基準の住宅もたくさん倒れている」――。2016年4月に発生した熊本地震は、家づくりに携わるプロに大きな衝撃を与えた。震度7を2回も観測した熊本県益城町で、戸建て住宅に大きな被害が発生したからだ。特に、新耐震基準に沿って建てられた住宅の被害が深刻だった。

取材班が踏査した熊本県益城町のある街区の本震後の様子。外観から被災状況を調べた木造住宅の3分の1以上が崩壊したり大きく変形したりしていた。住民によると、この街区には1980年前後に建てた住宅が多く残っていた(写真:日経ホームビルダー)
画像の拡大

取材班が踏査した熊本県益城町のある街区の本震後の様子。外観から被災状況を調べた木造住宅の3分の1以上が崩壊したり大きく変形したりしていた。住民によると、この街区には1980年前後に建てた住宅が多く残っていた(写真:日経ホームビルダー)

 現行の耐震基準は、1981年に改正された建築基準法がベースとなっている。81年より前を「旧耐震基準」、81年以降を「新耐震基準」と呼ぶのが一般的だ。

 だが、日経ホームビルダーでは、新耐震基準をあえて二つに分け「新耐震基準」と「2000年基準」と呼ぶことにした。新耐震基準に対して2000年に、「基礎」「柱梁や筋かいの接合部」「壁のバランス」に関する告示が示されたのがその理由だ。つまり、1981年より前を「旧耐震基準」、1981年~2000年までを「新耐震基準」、2000年以降を「2000年基準」と区分しているのだ。

 従来の耐震補強は、旧耐震基準の住宅を中心に実施されてきた。新耐震基準の住宅は現行基準に適合しているので大丈夫と考えられてきたからだ。ところが熊本地震では、新耐震基準や2000年基準の住宅が倒壊してしまった。

■阪神を上回る「倒壊」被害

 熊本地震の被害がどれだけ深刻だったかを示すために、阪神・淡路大震災(1995年)と比較してみよう。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

北海道豪雨では多くの畑が被害を受けた(2016年8月31日、北海道北見市)

北海道で「気候変動予測」加味した水防災対策 [有料会員限定]

 2016年8月に北海道を襲った一連の台風による「北海道豪雨」は、これまでにない新たな課題も浮かび上がらせた。氾濫流による農業被害である。四つの台風による被害面積は4万ヘクタール弱。農作物が浸水や流失…続き (4/21)

写真6 白花橋の近くに架かる川上橋。橋が周辺の土地よりも低い谷地形に架かっていたため、雨水が集まり、橋台背面土を洗い流した(写真:北見工業大学)

少雨地帯が先駆ける新・水防災対策、北海道豪雨の教訓 [有料会員限定]

 堤防や橋台背面の浸食、盛り土の崩壊、落橋――。2016年8月に北海道を襲った一連の台風による豪雨は、過去の水害と比べて人的被害がそれほど大きくなかったものの、今後の河川事業に重要な教訓が詰まっている…続き (4/20)

図3 離陸する飛行試験機2号機。2017年1月5日には、米国ワシントン州のグラント・カウンティ国際空港を発着する飛行試験を開始した。現在、4機体制で飛行試験を実施している(写真:三菱航空機)

三菱重工、知見不足が招いたMRJ5度目の延期 [有料会員限定]

 ジェット旅客機「MRJ」の量産初号機の引き渡し時期は2020年半ばに変更――。三菱重工業と三菱航空機(愛知県豊山町)は5回目の納入時期変更を2017年1月23日に発表した(図1)。2015年12月時…続き (4/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月27日付

2017年4月27日付

・イスラエル発、サイバー防衛 相次ぐ情報流出、国内企業向けに参戦
・弘前大、歩き方、センサーで計測
・がん細胞に10分で大穴 日本抗体医薬が治験めざす
・JFEエンジ、汚泥の焼却排熱で発電 下水処理場で電気代削減
・残価設定ローン使いやすく…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト