Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]ベネズエラ危機は深刻な段階に(社説)

2016/8/19 14:30
保存
印刷
その他

Financial Times

 テロ、「不公正な」貿易協定、そして、移民問題。これらが米大統領選の議論の主要テーマで、外交政策にかかわる問題はほとんどない。だが、これまで取り上げられていない外交問題が浮かび上がる可能性がある。それはベネズエラだ。ベネズエラは長い間「眠れる犬」だった。周辺国はうるさ型のベネズエラが眠っていてくれたほうがありがたい。だが、それはもうあまり長くは続かないかもしれない。ベネズエラの複合的な危機が国際問題化しつつあるからだ。

 今月、ベルリンの壁の崩壊をほうふつとさせる光景が見られた。15万人以上のベネズエラ国民が国内で手に入らない食料や薬などの生活必需品を求めて、それまで閉鎖されていたコロンビアとの国境を通過したのだ。難民申請を希望するベネズエラ人の数は急増した。5月時点の米国への難民申請者数は昨年同時期の2倍となった。ブラジルとガイアナも食料を求めるベネズエラからの難民を国外退去させているという。

 一方で、ベネズエラではマラリアが再発生している。同国は1961年に人口密集地域からマラリアを世界で初めて根絶した国となったが、それ以来のことだ。他の疾病も発生する可能性があり、公衆衛生の管理が脅かされている。また、同国は違法薬物の密輸で、北は米国、東はブラジルやアフリカ、そしてその先の欧州への中継点にもなっている。

 ベネズエラは批判されると、その問題の存在を否定するか、他に責任を転嫁するのが常だ。潘基文(バン・キムン)国連事務総長は今月、「政情不安定」が原因で同国で頭をもたげている「人道危機」について「非常に懸念している」と述べた。これに対しベネズエラ国連大使は、潘氏の表現を「奇妙だ」と述べ、潘氏の情報の出所に疑問を呈した。つい最近では、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイの3国は、ベネズエラが「メルコスル(南米南部共同市場)」の持ち回り議長国へ就任することを阻んだ。ブラジル外相は「ベネズエラは自国の面倒さえみきれていない」と述べている。これに対し、ベネズエラのマドゥロ大統領は、メルコスルは「右派の暴徒」に乗っ取られたと、同氏ならではの反応を示した。

 ベネズエラは新政権を樹立する必要があり、それは2018年の議会選挙の前でなければならない。幸い、迅速な政権移行を可能にする憲法上の手続きで、大統領の罷免の是非を問う国民投票を実施することができる。マドゥロ氏は当然、自身が追放されかねないため、この野党主導の動きに抵抗している。同氏の管理下にある政府当局がその手続きを止めてはいるものの、完全に中止されたわけではない。このことは、同氏が支持基盤だと主張するチャビスタ(チャベス前大統領の支持者)の間でさえも同氏が支持を失っていることを裏付けている。7月の世論調査では、チャビスタの7%しか同氏の再選を望んでいないという結果が出ている。

 こうした状況でマドゥロ大統領の退任は避けられない。国民のほとんど誰もが同氏が去ることを願っている。大きな問題はそれをどう実現するかだ。来年1月10日までに国民投票が行われれば、改めて議会選挙が実施されるだろう。それは野党と南半球の有力な国々が望んでいることだ。国民投票がそれ以降になれば、マドゥロ政権の副大統領が残る任期を全うすることになる。新しい展開があれば、もっと早い段階で変化を引き起こす可能性もある。

 野党は9月1日に大規模集会を開く予定だ。これまでどおりなら、どちらの陣営からもならず者らの勢力がデモ行進を混乱に陥れることが考えられる。陸軍や国家警備隊が秩序回復のために市民に向けて発砲することはあるだろうか。それはあり得る。そして、もしそうなれば、国際社会はどう反応するだろうか。

 カラカスで流血の事態があれば、米大統領選の議論の内容も変わる可能性がある。さらに重要なのは、中南米諸国が積極的に対応することだ。野党と政権側の話し合いを仲立ちしようとしている南米諸国連合(UNASUR)が有力な役割を担おう。ただ、UNASURがベネズエラにさらに深く関わることになれば、これは非常に皮肉なことだ。マドゥロ氏が師と仰ぐチャベス氏は、12年前にUNASURの共同創設者となった際、同連合を南米における「蛮行に立ち向かう甲冑(かっちゅう)」だと宣言した。国際社会がベネズエラの悲惨な状況を救う手助けができなければ、この言葉はチャベス氏の言葉の中で一番真実に近い言葉となるだろう。

(2016年8月19日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2016. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。
GlobalEnglish日経版

GlobalEnglish 日経版

世界を目指す、全てのビジネスパーソンに。 ビジネス英語をレベルごとに学べるオンライン学習プログラム。日経新聞と英FT紙の最新の記事を教材に活用、時事英語もバランス良く学べます。

詳しくはこちらから

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

EU離脱決定でロンドンの金融街シティーの地盤沈下が懸念されているが…=ロイター

ロイター

[FT]英シティーの威信、データセンター立地が守る?

 英国の欧州連合(EU)離脱決定後、銀行はロンドンの金融街シティーから人員と業務を移転することを検討しているかもしれないが、米国やアジアの会社の超高速取引を助けるデータセンターの拠点として、シティーが…続き (2/24)

グーグルは無料ソフトを開発し、憎悪表現の取り締まりを迫られるメディアを支援する=ロイター

ロイター

[FT]グーグルの「憎悪表現」検出ソフト、メディアが試用

 米グーグルがインターネット上の侮辱的なコメントを検出する人工知能(AI)ツールを開発した。ヘイトスピーチ(憎悪表現)の取り締まりを迫られるニュース発行者(パブリッシャー)を支援する。
 これはグーグル…続き (2/24)

ウォーレン・バフェット氏。クラフト・ハインツは旧クラフト・フーズと旧HJハインツが統合して生まれた。後者の株を保有していたのがバフェット氏率いる米バークシャー・ハザウェイとブラジル系3Gキャピタルだ=ロイター

ロイター

[FT]バフェット氏には新しい投資レシピが必要

 「辣腕ぶりに定評がある経営陣が、経済性の悪さで定評のある企業と対峙したとき、無傷で残るのは企業の評判のほうだ」。著名投資家のウォーレン・バフェット氏はかつて、こんな見識を披露した。では神聖だという評…続き (2/24)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<2/20の予定>
  • 【国内】
  • 1月の貿易統計(財務省、8:50)
  • 1月の主要コンビニ売上高
  • 榊原経団連会長の会見(15:30)
  • 【海外】
  • 2016年10~12月期のタイ国内総生産(GDP)
  • ユーロ圏財務相会合
  • プレジデントデーの祝日で米国市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/21の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 1月の全国百貨店売上高
  • 1月の全国スーパー売上高
  • 1月の食品スーパー売上高
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事録公表(7日開催分、9:30)
  • 欧州連合(EU)財務相理事会
  • 2月の仏購買担当者景気指数(PMI、速報値、17:00)
  • 2月の独PMI速報値(17:30)
  • 2月のユーロ圏PMI速報値(18:00)
  • 2月の米製造業PMI速報値(IHSマークイット調べ、23:45)
  • 1月の北米地域の半導体製造装置BBレシオ(22日8:00)
  • 16年11月~17年1月期決算=ウォルマート・ストアーズ、ホーム・デポ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/22の予定>
  • 【国内】
  • 16年12月と16年の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 【海外】
  • 1月の北米地域の半導体製造装置BBレシオ(8:00)
  • 1月の中国主要70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 1月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • 2月の独Ifo企業景況感指数(18:00)
  • ブラジル中央銀行が政策金利を発表
  • 1月の米中古住宅販売件数(23日0:00)
  • パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(23日3:00)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(1月31日~2月1日開催分、23日4:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/23の予定>
  • 【国内】
  • 2月の月例経済報告(内閣府)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 1月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 木内日銀審議委員が山梨県金融経済懇談会で講演(10:00)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 20年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 木内日銀審議委員が記者会見(13:30)
  • 16年12月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 進藤鉄連会長の会見(14:30)
  • 東証マザーズ上場=ユナイテッド&コレクティブ、レノバ
  • 札証アンビシャス上場=フュージョン
  • 【海外】
  • パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(3:00)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(1月31日~2月1日開催分、4:00)
  • 1月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 韓国中銀の金融通貨委員会
  • 米新規失業保険申請件数(週間、22:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、24日1:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/24の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • プレミアムフライデー開始
  • 【海外】
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、1:00)
  • 1月のシンガポール鉱工業生産指数
  • 2月の米消費者態度指数確報値(ミシガン大調べ)
  • 1月の米新築住宅販売件数(25日0:00)
  • インド市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]