日経サイエンス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ゲームに意外な効能 脳の「認知力」アップ

2016/8/27 3:30
共有
保存
印刷
その他

日経サイエンス

 話題の「ポケモンGO」をはじめ、非常に多くの人がスマートフォンやお茶の間のテレビでゲームを楽しんでいる。近年の研究によるとビデオゲーム、中でも展開が速いアクションゲーム(襲いかかってくるゾンビやエイリアン、モンスターなどと闘うゲームが典型例)には脳の働きを高める効果があることがわかってきた。

■脳トレより効果的

ビデオゲームに脳の働きを高める効果があることがわかってきた(C)Jude Buffum
画像の拡大

ビデオゲームに脳の働きを高める効果があることがわかってきた(C)Jude Buffum

 注意力や迅速な情報処理、課題の切り替えの柔軟性、頭の中で物体の回転を思い描く力など、様々な認知機能の向上が厳密な心理テストで実証されている。一例はスイスのジュネーブ大学などの研究グループが行った次のような実験だ。

 被験者としてビデオゲームをめったにしない人を集め、認知能力の事前テストを行った後、無作為に2つのグループに分ける。一方のグループはアクションゲームを、対照グループはソーシャルゲーム(プレーヤー間の交流を必要とするゲーム)などアクションゲーム以外のゲームをしてもらう。両グループは数週間にわたって1日1時間、週5日間ゲームをプレイする。このトレーニングの数日後に最初と同じ心理テストをすると、アクションゲームで鍛えたグループの方が対照グループよりも認知力の向上が常に大きくなった。

 アクションゲームの効果を示す証拠は脳画像からも得られている。アクションゲームをよくする人はしない人に比べて、大脳皮質の各所にある注意を制御する脳領域の活性がより大きく変化する。注意の維持に関与する背外側前頭前皮質や、異なる標的の間で焦点を切り替える頭頂皮質、そして自分自身の行動を監視している帯状皮質などだ。

選手たちのレベルの高いプレーを見守る観客
画像の拡大

選手たちのレベルの高いプレーを見守る観客

 またある研究によると、腹腔(ふくくう)鏡手術を手がける医師がビデオゲーム好きのゲーマーである場合、十分な正確さを保ちながら短時間で手術を終えていることがわかった。ゲーマーの外科医はただ手早いだけではなく、仕事の効率もいいようだ。

 アクションゲームが攻撃性を助長したりゲーム依存を招いたりする懸念はあるが、認知機能に悪影響が出ることを裏付けた研究結果はない。むしろ一部のビデオゲームが認知能力をどのように高めるかがわかってきたので、脳損傷や認知障害のある人向けの非暴力的なゲームの開発が米国などで始まっている。こうしたゲームは実際、テレビやウェブで認知能力を高めるとして売り出されている“脳トレ”ゲームよりも効果が高いようだ。

(詳細は25日発売の日経サイエンス2016年10月号に掲載)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

日経サイエンスをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経サイエンス


【PR】

日経サイエンス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

大規模調査で見えたアルツハイマー病予防のヒント

 今から100年以上前、神経病理学者アルツハイマーは、認知症を患っていたある中年女性の脳に、異常なたんぱく質が固まった老人斑と、神経細胞内で線維状のたんぱく質が絡み合った神経原線維変化が見られたことを…続き (6/24)

4月22日,科学を軽視するトランプ政権に抗議するデモ行進が世界各地で行われ,米ワシントンでは1万人を超す人が参加した(撮影:川合智之)

トランプ氏の科学軽視政策 背景に米社会の失望

 開かれた研究環境と厚待遇で世界中から頭脳を吸い上げ、国が主導して科学を発展させ、産業と軍事で優位に立つ。そんな米国の科学戦略が転換しつつある。トランプ大統領は科学予算の大幅削減を打ち出し、意に沿わな…続き (5/27)

探査機プランクの観測で得られた宇宙マイクロ波背景放射の全天マップ。誕生から38万年後の宇宙の温度揺らぎが刻み込まれている。オレンジ色は相対的に温度が高い領域、青色は温度が低い領域。(画像は ESA and the Planck Collaborationによる)

ESA and the Planck Collaboration

宇宙誕生直後の謎 カギ握る「最古の光」

 宇宙は約138億年前に誕生した直後、「インフレーション」と呼ばれる急激な膨張が起きたと考えられている。このインフレーション理論は1980年代初めに佐藤勝彦博士(現・東京大学名誉教授)らが提唱した。一…続き (4/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月23日付

2017年6月23日付

・ドローン・3D、セット貸し 中小の建設会社向け、オリックス系と国際航業
・日本工営、福島で小水力発電所
・IDEC、ナノバブル測定サービス 応用研究を支援
・東レ・デュポン、設備投資50億円 フィルムやゴム用繊維で
・ゴルフを手軽に楽しんで、ブリヂストンスポーツ 屋内施設を展開…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト