アジア最新ニュースの掲載を始めました

わかりやすい時事解説

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

乗っ取られた中国の改革派雑誌「炎黄春秋」  編集委員 飯野克彦

(1/4ページ)
2016/7/24 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 中国の体制内改革派の拠点となってきた雑誌「炎黄春秋」が、停刊に追い込まれました。四半世紀の歴史に終止符を打ったのは、当局による乗っ取りです。習近平国家主席(63)率いる共産党政権は、1989年の天安門事件の後としては最も厳しい言論弾圧を進めているのです。

 オランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海に関する中国の主張を完膚なきまでに退けた12日、中国芸術研究院という団体が1枚の文書を出しました。「炎黄…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップアジアトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

わかりやすい時事解説 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

国民投票を終えた翌日、演説するエルドアン大統領=AP

AP

「中東であり欧州」映したトルコの国民投票 [有料会員限定]

 強力な大統領制への移行の是非を問うトルコの憲法改正の国民投票で、賛成が反対をわずかに上回りました。欧州連合(EU)諸国はエルドアン・トルコ大統領の独裁化に懸念を強め、一方でエルドアン政権はEU批判の…続き (4/30)

3月31日、北朝鮮に帰国するため、北京国際空港に到着した在マレーシア北朝鮮大使館の外交官ら=共同

共同

金正男氏殺害、親北国家にも不信の連鎖 [有料会員限定]

 竜頭蛇尾。金正男氏の暗殺をめぐるマレーシアと北朝鮮の外交的なつばぜり合いは、こうたとえられるのではないでしょうか。一時は高くこぶしを振り上げてみせたマレーシア政府が、腰砕けとなったからです。とはいえ…続き (4/10)

1月31日、インド議会の予算会期初日に登院するモディ首相=ロイター

ロイター

それでも「最速」を保ったインド経済の底力 [有料会員限定]

 「サプライズ!」「真実であるには良すぎる」「つじつまがあわない」。インド統計局が2月28日に発表した2016年10~12月期の国内総生産(GDP)統計は、エコノミストたちの間で驚きや当惑、疑念を巻き…続き (3/5)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]