アジア最新ニュースの掲載を始めました

わかりやすい時事解説

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

乗っ取られた中国の改革派雑誌「炎黄春秋」  編集委員 飯野克彦

(1/4ページ)
2016/7/24 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 中国の体制内改革派の拠点となってきた雑誌「炎黄春秋」が、停刊に追い込まれました。四半世紀の歴史に終止符を打ったのは、当局による乗っ取りです。習近平国家主席(63)率いる共産党政権は、1989年の天安門事件の後としては最も厳しい言論弾圧を進めているのです。

 オランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海に関する中国の主張を完膚なきまでに退けた12日、中国芸術研究院という団体が1枚の文書を出しました。「炎黄…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップアジアトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

わかりやすい時事解説 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

イスラム過激派組織への空爆を交えた掃討作戦を展開してきたが、事態は長期化している=ロイター

ロイター

東南アジアで浮上、「イスラム国」の脅威 [有料会員限定]

 5月23日、フィリピン南部ミンダナオ島のマラウイ市で、イスラム過激派組織と政府軍の激しい戦闘が勃発しました。1カ月以上たった今も収束のメドは立たず、この間に死者は計400人を超えたとみられています。…続き (7/2)

FILE PHOTO - U.S. President Donald Trump and his senior advisor Jared Kushner arrive for a meeting with manufacturing CEOs at the White House in Washington, DC, U.S. February 23, 2017. REUTERS/Kevin Lamarque/File Photo

ロイター

トランプ政権を手玉に、中国の人・カネ・外交 [有料会員限定]

 米国のドナルド・トランプ大統領が、就任する前とは打って変わって中国に融和的な姿勢を鮮明にしています。選挙戦で対中強硬論をぶっていた大統領候補が当選後に中国重視へと旋回するのは珍しくありませんが、トラ…続き (5/28)

「中東であり欧州」映したトルコの国民投票 [有料会員限定]

 強力な大統領制への移行の是非を問うトルコの憲法改正の国民投票で、賛成が反対をわずかに上回りました。欧州連合(EU)諸国はエルドアン・トルコ大統領の独裁化に懸念を強め、一方でエルドアン政権はEU批判の…続き (4/30)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]