アジア最新ニュースの掲載を始めました

激震 習政権ウオッチ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

知日派、王毅外相の突出した「日本たたき」  編集委員 中沢克二

(1/3ページ)
2016/6/1 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 「日本は南シナ海問題を大げさに騒ぎ、緊張を宣伝している。G7(主要国首脳会議)は世界経済を論議する場なのに、日本はそれを利用し、ケチなソロバンをはじき、小細工をした」

 中国外務省の伊勢志摩サミットの成果に関する公式論評である。まるで北朝鮮の宣伝放送なのかと見まごう口調だ。

■日中外相会談での高圧姿勢

 これで驚いてはいけない。4月30日、北京で開かれた日中外相会談では、外相同士の高尚な協議の場のはず…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップアジアトップ

激震 習政権ウオッチ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

習主席の父を精神的に追い込んだ鄧小平(広東省深圳のモニュメント)

「毛沢東・鄧小平に並ぶ」習近平氏が抱く野心
 編集委員 中沢克二
[有料会員限定]

 中国を「改革・開放」に導いた最高指導者、鄧小平の死去から20年を経た2月19日。故郷の四川省広安市、ゆかりの深い広東省深圳市などで献花式があった。ところが、肝心の中央では目立った記念行事がなかった。…続き (2/22)

失踪した大富豪に習近平氏が迫る「踏み絵」 [有料会員限定]

 中国の旧正月前の大みそか、香港島のランドマークである高級ホテル「フォーシーズンズ」のアパートメントから、著名な中国出身の大富豪が消えた。中国の「強力部門」(法も無視して動ける国家権力機関)の面々に強…続き (2/15)

最高指導部人事の焦点である共青団ホープの胡春華・広東省党委員会書記(2013年3月、北京市)

新・旧国家主席、「子飼い」巡り広東で前哨戦
 編集委員 中沢克二
[有料会員限定]

 中国の旧正月を意味する春節の休暇期間中、中華圏の政治を巡る最大の話題は、やはり来る第19回共産党大会の最高指導部人事だった。とりわけ、習近平(63)の後継者がおぼろげながら見えてくるかが焦点である。…続き (2/8)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]