日経産業新聞セレクション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

白内障治療薬、アキュセラが2017年に治験開始

2016/5/24 6:30
共有
保存
印刷
その他

 東証マザーズ上場で創薬ベンチャー企業のアキュセラは、2017年から白内障治療薬の臨床試験を始める予定だ。白内障は老化によって眼の中の水晶体がにごり、だんだんと視野がぼやけていく疾患。失明のおそれもあるが、現在は手術でしか治せない。アキュセラは今年3月に米創薬ベンチャー企業から新薬候補の開発権を取得しており、新薬の研究開発を急ぐ。

画像の拡大

 アキュセラは米創薬ベンチャーのユーヘルス・アイテック社(カリフォルニア州)から、「ラノステロール」という白内障治療薬の候補物質を取得した。契約により中国と台湾を除く全世界で新薬を開発できる権利を得た。

 「ラノステロール」は人間の体の中にある物質で、コレステロールなどの材料になる。このラノステロールには水晶体がにごる原因になっている、たんぱく質の固まりをほどく作用があることが分かった。

 米カリフォルニア州立大学サンディエゴ校が実施した動物実験では、重い白内障にかかったウサギやイヌで、眼のなかにある水晶体のにごりが解消されたことが確認された。この結果を踏まえ、アキュセラも年内に動物実験を実施したうえで、来年からヒトを対象にした臨床試験を始める計画だ。

 白内障は高齢者に非常に多い疾患で、早い人では50代から発病。70代では約5割、80代では7~8割の人がなる。現在は根治する薬はなく、手術でしか治らない。手術を嫌がって治療を受けない患者もいる。

画像の拡大

 また6月上旬には加齢黄斑変性と呼ばれる疾患の新薬候補「エミクススタト」について、最終段階の臨床試験結果を発表する予定だ。

 加齢黄斑変性も、目の老化により生じる疾患の1つだ。網膜の中心にある黄斑の機能が失われることで、視野が欠けていく病気だ。欧米では失明原因の第1位になっている。

 加齢黄斑変性の治療薬には、現在「アイリーア」と「ルセンティス」の2つの薬がある。ともに全世界で数千億円の売上高をあげる大型新薬だ。

 だがこの2つは注射薬のため、患者は病院まで出かけて薬を投与してもらう必要がある。アキュセラが開発中のエミクススタトは口から服用できるので、新薬開発が成功すれば患者の利便性が向上しそうだ。

 エミクススタトの開発にあたってアキュセラは08年に大塚製薬と共同開発・販売契約を締結。大塚製薬は治験にかかる経費を負担してきた。

 アキュセラは目の老化に特化して、新薬開発に取り組んでいる。エミクススタトは加齢黄斑変性にとどまらず、糖尿病網膜症や糖尿病黄斑浮腫への適応拡大も視野に入れている。これらの疾患も高齢者が発症するケースが多く、現在、動物実験を進めているところだ。(企業報道部 野村和博)

[日経産業新聞5月24日付]


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

日経産業新聞セレクションをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

日経産業新聞セレクション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

質問に答える岸本晢夫社長(右)(23日、東京都内)

北越紀州「大王株売らない」 膠着でも株上昇

 北越紀州製紙の岸本晢夫社長が、アナリスト説明会で、約2割を出資する大王製紙との関係の見直しを改めて否定した。両社は2015年に大王が発行した新株転換権付社債(CB)を巡り係争中で、4月には大王が技術…続き (5/30)

都庁に設置された「メダル協力ボックス」では携帯電話などが回収されている

東京五輪で輝け、「都市鉱山メダル」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は、3年後の大会で表彰台に立つアスリートに贈る金、銀、銅メダルを全て国内の都市鉱山から製造するプロジェクトを正式決定した。メダル全てを「都市鉱山メダル」とするのは、…続き (5/30)

ちょっと紹介 明日(30日)の紙面

■中国爆泊 民泊つかむ3法則
 日経産業新聞の明日(30日)の紙面を紹介。「静かできれい。洗濯機もあってまるで我が家みたいね」。今月中旬に家族旅行で大阪を訪れた中国人の朱さん一家。宿泊先に選んだのは、中…続き (5/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<5/29の予定>
  • 【国内】
  • 5月のQUICK債券月次調査(11:00)
  • 【海外】
  • 中国本土(上海・深セン)や台湾市場が休場
  • ロンドン市場が休み
  • 米国はメモリアル・デーの祝日で全市場休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/30の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 自動車8社の生産・販売実績
  • 4月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 4月の有効求人倍率(厚生労働省、8:30)
  • 4月の家計調査(総務省、8:30)
  • 4月の商業動態統計速報(経済産業省、8:50)
  • パナソニックの「IRデイ2017」(9:30)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 進藤鉄連会長の記者会見(17:00)
  • 【海外】
  • アジア最大級のIT(情報技術)見本市「台北国際電脳展」(コンピューテックス台北)が開幕(6月3日まで)
  • 5月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 4月の米個人所得(21:30)
  • 4月の米個人消費支出(PCE、21:30)
  • 3月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
  • 5月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • 中国や香港、台湾の各市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/31の予定>
  • 4月の鉱工業生産指数速報(経済産業省、8:50)
  • 4月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 4月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00ごろ)
  • 4月の住宅着工戸数(国土交通省、14:00)
  • 稲野日証協会長の記者会見(14:30)
  • 経団連の定時総会
  • 榊原経団連会長の記者会見(16:30)
  • 5月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • 5月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI、10:00)
  • 5月の中国非製造業PMI(10:00)
  • 1~3月期のインドの国内総生産(GDP)
  • 5月の独失業率(16:55)
  • 4月のユーロ圏失業率(18:00)
  • 5月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 5月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI、22:45)
  • 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
  • ブラジル中銀が政策金利を発表
  • 海外2~4月期決算=ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/1の予定>
  • QUICKコンセンサスDI(5月末時点、8:30)
  • 1~3月期の法人企業統計(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 10年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 原田日銀審議委員が岐阜県金融経済懇談会であいさつ(10:30)
  • 5月の新車販売(自販連、14:00)
  • 5月の軽自動車販売(全軽協、14:00)
  • 4月期決算=伊藤園
  • インドネシア市場が休場
  • 4月の豪小売売上高(10:30)
  • 5月の財新中国製造業PMI(10:45)
  • 5月の米新車販売台数
  • 5月のADP全米雇用リポート(21:15)
  • 4月の米建設支出(23:00)
  • 5月のサプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数(23:00)
  • 海外2~4月期決算=ブロードコム
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/2の予定>
  • 閣議
  • 5月のマネタリーベース(日銀、8:50)
  • 三村日商会頭の記者会見(11:00)
  • 5月の消費動向調査(内閣府、14:00)
  • 5月の財政資金対民間収支(財務省、15:00)
  • 5月のインドネシア消費者物価指数(CPI)
  • 5月の米雇用統計(21:30)
  • 4月の米貿易収支(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]