ロシア大統領、北方領土「妥協見いだせる」 首相の訪ロ評価

2016/4/15 1:34
保存
印刷
その他

 【モスクワ=田中孝幸】ロシアのプーチン大統領は14日、日本との北方領土問題に関し「妥協はいつか見いだされる可能性があり、見いだされると思う」と述べ、協議を通じた解決に前向きな姿勢を見せた。安倍晋三首相の5月の訪ロについて「米国などパートナーの圧力にもかかわらず日本の友人は(ロシアとの)関係の維持に努めている」と高く評価した。

14日、国民の質問に答えるロシアのプーチン大統領=AP

 安倍首相との会談では「当然すべての問題を協議する」と言明。領土問題も議題に含める意向を示した。「第2次大戦後に解決できていない問題の解決のために我々がつくってきた手段は常に機能しなければならない」とも述べ、あらゆるレベルの話し合いを進める考えを表明した。

 これまでの日ロの領土問題の話し合いを振り返り「日本がある段階で我々との接触を制限するのを決定した」と強調。ウクライナ問題を巡って日本が欧米と発動した対ロ制裁が協議を停滞させたとの認識を示した。ロシアへの強硬姿勢は「日本と日本国民の利益に全くかなっていない」とも語った。

 プーチン氏がテレビを通じ全土の国民と直接対話する毎年恒例の特別番組に出演後、記者団に語った。5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の前に領土問題の解決をちらつかせ議長国の日本に秋波を送って、主要7カ国(G7)内の対ロ融和論を勢いづかせたい思惑があるとみられる。

 番組でも、あえて北方領土の色丹島の漁業関連企業の問題を取り上げた。給与遅配や地元当局の腐敗の実態を訴える労働者の質問を受けたプーチン氏は同島を管轄するサハリン州などの関係当局に早急な対応を指示し「状況を改善させるために全力を尽くす」と語った。司法当局は同日、この企業のトップを訴追したと発表した。

 ロシアの近海でとれた水産品が中国経由で輸入され、ロシアの生産者や消費者が不利益を受けている実態も関連法の制定を通じて改める考えを示した。漁業の振興に取り組む姿勢もみせ、同島を大きな関心事としていることをうかがわせた。

 色丹島は歯舞群島とともに1956年の日ソ共同宣言で両国の平和条約締結後に日本に引き渡すとされた。大統領との対話番組で他国との係争地に住む市民の不満に焦点を当てるのも極めて異例で「日本側にロシアとの関係改善を急ぐよう促す意図がある」(日ロ外交筋)との見方も出ている。

 タックスヘイブン(租税回避地)を使った世界の富裕層の節税実態を暴露した「パナマ文書」で、プーチン氏の親友の名前が挙がったことには「米側の情報操作」との見方を示した。文書については「おかしなふうに見えるが、情報自体は信頼できる」と指摘。「記者ではなく、法律家によって用意されたようにみえる」と論評し、政権関係者による違法行為はないと弁明した。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

安倍晋三プーチンロシア

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 25日 7:01
25日 7:00
東北 26日 18:30
25日 7:01
関東 25日 7:01
25日 7:01
東京 25日 7:00
25日 7:00
信越 27日 2:00
25日 7:00
東海 2:00
2:00
北陸 25日 6:32
25日 6:28
近畿 27日 0:03
25日 6:00
中国 25日 6:31
25日 6:28
四国 25日 6:32
25日 6:25
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報