携帯3社「2年縛り」緩和 契約期間後、自動更新せず

2016/3/12 23:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 NTTドコモなど携帯電話大手3社は2年ごとの継続利用を前提とするいわゆる「2年縛り」と呼ばれる契約を見直す。現行では主要スマートフォン(スマホ)などの場合、料金を割り引く代わりに2年ごとの契約とし、途中で解約すると違約金が生じる。各社は新規契約から、2年たてば違約金がない新たな料金プランを導入する方針だ。

 2年縛りにはユーザーの苦情が多く、総務省が改善を求めていた。最初の契約から2年がたった時点…

電子版トップ速報トップ

関連キーワード

NTTドコモ携帯電話スマホ安倍晋三縛りソフトバンクKDDI

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報