その他スポーツ

海外選手の卓球ラケット不正野放し 日本提案の検査否決
抗議で国際大会欠場の選手も

2016/3/5 13:55
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 卓球界で公然の秘密とされるのが、ラケットラバーに回転や球速を増すための油脂系補助剤を塗る不正の横行だ。海外選手の多くが行っているとされ、4年前には水谷隼(ビーコン・ラボ)が半年間、国際大会を欠場する抗議行動に出た。3日に開かれた国際卓球連盟(ITTF)理事会では、日本協会が不正を見つける検査方法を提案したが賛同を得られずに否決された。

 「ブースター」と呼ばれる補助剤を塗ると、ラバーが膨張して回転…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

前原正浩ティモ・ボル水谷隼ITTF木村興治

その他スポーツ 一覧

セルティックス戦でシュートするキャバリアーズのアービング(23日、クリーブランド)=ゲッティ共同

 【ニューヨーク=共同】米プロバスケットボール、NBAのプレーオフは23日、クリーブランドで東カンファレンス決勝(7回戦制)第4戦が行われ、キャバリアーズがセルティックスに112―99で勝ち、対戦成績 …続き (17:34)

 東都大学野球春季リーグ最終週第2日は24日、神宮球場で2回戦1試合が行われ、前日に12季ぶり17度目の優勝を決めた東洋大が日大を5―0で下し、8連勝で勝ち点を4に伸ばした。
 全日程を終了し、最高殊勲 …続き (16:06)

 日本バレーボール協会は24日、昨年人身事故を起こし対外的な活動を控えている男子日本代表の中垣内祐一監督(49)が6月8日から代表チームに合流すると発表した。同監督は24日夕に記者会見する。監督代行を …続き (15:08)

ハイライト・スポーツ

[PR]