弥生、請求書を帳簿で自動処理 ソフト会社を買収

2016/2/20 23:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 オリックス傘下で会計ソフト大手の弥生(東京・千代田)は企業の請求書に基づく出入金を帳簿上で自動処理するサービスを始める。ソフト開発のMisoca(ミソカ、名古屋市)を買収し、同社の請求書管理サービスと弥生の会計ソフトを連携させる。軽減税率の導入で煩雑になる請求書の管理を簡素化し、中小企業の需要を取り込む。

 月内にミソカの発行済み株式を創業者などから約10億円で全て取得する。ミソカは中小企業が取引…

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

秋割実施中 お申し込みは10/10まで

電子版トップ

関連キーワード

弥生ミソカオリックス会計ソフトソフト開発

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報