東電社長「春にも追加値下げ検討」 自由化で提携先拡大

2016/2/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東京電力の広瀬直己社長は日本経済新聞の取材に対し、電力小売りが全面自由化される4月以後、電気料金の値下げの追加を検討していることを明らかにした。電力小売りには石油や都市ガスなど新規参入組が相次ぎ、割安なプランを発表している。こうした動きに対抗するため、料金プランの追加やセット販売する提携先の拡大を進める方針だ。

 東電は1月、電気代が月1万7千円以上と使用量が多い家庭向けに最大約5%割安になる料金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:03
2:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報