男女平等ランキング、日本は101位 女性活躍へ道遠く

2015/11/19 8:01
共有
保存
印刷
その他

 【ジュネーブ=原克彦】世界各国の男女平等の度合いを指数化した世界経済フォーラム(WEF)の2015年版「ジェンダー・ギャップ指数」で、日本は調査対象145カ国のうち101位だった。前年より順位を3つ上げた。安倍晋三政権は女性活躍の推進を看板に掲げているものの、日本への評価は依然低い。

 同指数は女性の地位を経済、教育、政治、健康の4分野で分析する。日本は女性の労働参加率が低く、男性との賃金格差も大きいため経済で106位だった。政治も女性議員が少なく104位と低迷している。教育の個別分野では識字率や中等教育への進学率で世界1位だが、高等教育への進学率が106位と極端に低く、同分野全体では84位だ。

 アジアではフィリピンが7位と前年より順位を2つ上げたほか、ニュージーランドが3つ上がりトップ10に入った。中国は91位、インドは108位だった。上位は23位から9位へと躍進したスロベニアを含め、10カ国のうち7カ国を欧州が占めた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

安倍晋三

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 26日 0:15
25日 7:01
東北 25日 7:00
25日 7:00
関東 26日 12:18
26日 7:01
東京 25日 7:00
25日 7:00
信越 25日 7:01
25日 7:00
東海 1:31
27日 14:00
北陸 25日 6:00
25日 6:00
関西 1:27
27日 17:12
中国 25日 6:02
25日 6:01
四国 25日 6:02
25日 6:01
九州
沖縄
27日 21:51
27日 21:49

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報