速報 > 地域ニュース > 中国 > 記事

新型Ruby開発へ 設計者表明、IT高度化・複雑化に対応

2015/11/13 9:56
共有
保存
印刷
その他

 松江発のプログラミング言語「Ruby(ルビー)」を開発した、まつもとゆきひろ氏が新しいバージョンとなる「ルビー3.0」の開発に着手した。12日に松江市で開幕した「Rubyワールドカンファレンス」の基調講演で、IT(情報技術)環境の高度化・複雑化にルビーを対応させる実験を進めていると述べた。

 1993年に開発を始めたルビーは、設計仕様を公開する「オープンソース」として多数の技術者が改良に参加している。処理速度を大幅に高めた「ルビー2.0」は2013年に公開された。

 「3.0」はコンピューターのデータ容量の飛躍的拡大やソースコード(プログラムの設計図)の複雑化といった技術進歩に対応するという。まつもと氏は「3.0」の特徴について、(1)人とコンピューターの協業(2)効率性(3)チーム作業のしやすさ――などとした。

 ルビーは多数の人の参画を得て開発を進めるため、「公開の時期は、今の段階では明確にできない」(まつもと氏)という。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 21:30
21:30
北陸 13:50
6:02
関西 7:01
7:00
中国 12:00
7:01
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
22:00
21:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報