ANAHD、一部便で「株主優待」利用を制限

2015/8/27付
共有
保存
印刷
その他

 ANAホールディングス(HD)は27日、株主優待制度を変更すると発表した。来夏以降、大型連休や年末年始など混み合う時期の国内線の一部で、割安な優待価格で予約できる客席数に上限を設ける。これまでは空席があれば必ず優待が利用できた。今後は優待利用が締め切られる便が出る。

 お盆時期の2016年8月11日の一部便から適用する。15年9月末以降の株主に渡す優待券が対象になる。正規の運賃を払う乗客を優先し、収益を確保する。株主には需要期以外の利用も促す。

 代わりにANAHD傘下のANAセールスが取り扱う旅行商品を割り引く。南極旅行や世界一周などを販売しており、株主は7%引きで買えるようになる。

 現時点で優待を制限する対象期間は8~10月、年末年始、3月、ゴールデンウイークなど約25日。上り便、下り便ごとに対象期間は異なる。株主優待が使えるかどうかは座席の予約時にわかる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

ANAホールディングスANAセールス

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:32
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
6:00
27日 22:45

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報