鹿児島の西原商会、農業に参入 大豆などを自社商品材料に

2015/8/8付
共有
保存
印刷
その他

 業務用食品卸大手の西原商会(鹿児島市)は農業に参入する。グループの農業法人が熊本県あさぎり町と7日に協定を結んだ。大豆などを生産し、当面は全量をグループの食品工場に供給する。売上高の4割程度を占める独自製品の付加価値を高め、競争力強化につなげる。業務用卸のこうした取り組みは珍しい。

 農業法人のニシハラグリーンファーム(同)は資本金1千万円で5月に設立。あさぎり町にある2.3ヘクタールの土地で来年から大豆、とろろの原料になるつくね芋の生産を始める。現段階で農産物の外販は想定していないが、1年目は約1千万円相当分の生産を見込む。

 大豆はグループ会社、ゆば将(同)の工場で利用する。ゆば将は職人が1枚ずつ摘み上げて作る湯葉を手掛け、外食業界では味への評価も高い。

 西原商会は2015年2月期の連結売上高が603億円で「独自商品を持つことが強みになっている」(西原一将社長)。自前で作った農産物を使うことで、味も含む品質管理を一段と徹底できるという。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

西原商会大豆農業西原一将

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 14:00
13:13
北陸 6:02
6:00
関西 6:32
6:25
中国 6:02
6:01
四国 6:01
6:00
九州
沖縄
2:00
27日 21:51

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報