建築家ら、新国立の抜本的見直し提言 開閉屋根なくす

2015/6/5付
共有
保存
印刷
その他

 建築家の槙文彦氏らでつくるグループは5日、現在の新国立競技場の設計案を抜本的に見直し、開閉式屋根がない新たな競技場の建設を求める提言を発表した。

 槙氏らは独自の試算に基づき、今の設計では整備費が2700億円を超え、工期も当初予定から最大8カ月遅れると指摘。設計そのものの見直しにより、1千億円以上の工費を削減でき、予定の工期内で完成するとしている。

 槙氏は「思考停止しては危ない。今がタイムリミットだ」と訴えた。槙氏らは提言書をJSCに送り、見直しを求める。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

槙文彦国立競技場設計見直し

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:02
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:02
6:01
中国 9:18
9:08
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
22日 21:38

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報