プルトニウムの処理 新手法、国際理解が不可欠

2015/1/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 原子力発電所では発電後に危険性の高いプルトニウムが発生する。だがプルトニウムの決定的な処理技術はまだ確立しておらず、各国とも扱いに苦慮している。

 先進各国はこれまでプルトニウムを「高速増殖炉」という原子炉で燃やす構想を掲げていたが、技術的に難しく実用化に至っていない。このため原発を保有する国々ではプルトニウムがたまり続けている。いまはウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を原子炉(軽水炉)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:02
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 23:00
21:46
北陸 7:01
7:00
関西 22:49
22:46
中国 9:18
9:08
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
21:43
21:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報