速報 > 企業 > 記事

サービス付き賃貸に商機 外資リゾートが日本進出
毎日清掃、ホテルより割安 訪日ビジネス客見込む

2014/8/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 ホテルのようなサービスを受けながら長期滞在できる高級サービスアパートメントが相次ぎ開業する。高級リゾートホテルを運営するシンガポールのバンヤンツリーが2017年に日本に進出。三菱地所もシンガポールに拠点をおく最大手アスコットの最高級施設を都内に開く。グローバル企業で働く訪日ビジネス客や観光客の需要を取り込む。日本は海外に比べ普及が遅れていたが、企業業績の改善や訪日客の増加を追い風に広がりそうだ。

関連キーワード

サービスアパートメント、カッシーア、バンヤンツリー、住友不動産、三菱地所、森ビル、六本木ヒルズ

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)


【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/31 大引
20,585.24 +62.41 +0.30%
NYダウ(ドル)
7/31 16:36
17,689.86 -56.12 -0.32%
ドル(円)
8/01 5:49
123.92-94 -0.29円高 -0.23%
ユーロ(円)
8/01 5:49
136.12-16 +0.31円安 +0.23%
長期金利(%)
7/31 16:10
0.410 ±0.000
NY原油(ドル)
7/31 終値
47.12 -1.40 -2.89%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報