太陽観測、日食を逃すな 人工衛星と両輪で成果

2017/8/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 今月21日(日本時間22日早朝)に、北米大陸を横断する広い範囲で皆既日食が起きる。太陽は身近に観察できる唯一の恒星だが、周囲を取り巻くコロナが高温になる仕組みをはじめ、分かっていないことも多い。人工衛星を使った宇宙からの観測が進む現在でも、日食は太陽を研究する大事な機会だ。

 「日食の機会を生かすことで、高価な衛星に比べても、良いデータがとれることがある」。国立天文台の花岡庸一郎准教授はこう説明す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 11:40
11:14
北陸 6:02
6:00
関西 6:00
5:59
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報