砂糖、国内取引価格が2年ぶり下落 原料安を反映

2017/7/14 22:21
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 砂糖の国内取引価格が約2年ぶりに下がった。国際的な過剰供給の見通しにより、原料である粗糖の相場が下落したのを反映した。上白糖やグラニュー糖など主力製品について、6月末ごろから三井製糖など製糖会社が次々に値下げを表明。7月中旬までに都市部を中心に新価格が浸透した。菓子や飲料製造のコスト減につながる。

 各種の砂糖の取引価格は1キロ6円下がった。家庭でもよく使う上白糖は、中心価格が従来より約3%安の同…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

価格転嫁取引価格砂糖EU三井製糖

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:00
7:00
関西 7:01
7:01
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
21日 21:30
21日 21:29

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報