音楽教室から著作権料 こじれる背景に「演奏権」解釈

2017/7/16 18:06
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室での先生や生徒の演奏について著作権使用料を来年1月から徴収すると決めたのに対し、音楽教室側が6月20日、JASRACに請求権がないことの確認を求める訴えを東京地裁に起こした。徴収方針が出された2月以降、対立が表面化したが、ここまでこじれた背景には「演奏権」と呼ぶ権利の解釈の難しさがある。

 「音楽業界の仲間が訴訟するのは良くない。話し合いで解決したい」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 28日 7:01
28日 7:00
東北 28日 18:01
28日 7:00
関東 28日 7:01
28日 7:00
東京 28日 7:01
28日 7:00
信越 28日 7:00
28日 7:00
東海 2:00
1:38
北陸 28日 7:01
28日 7:00
関西 2:00
2:00
中国 28日 7:01
28日 7:01
四国 28日 12:30
28日 7:01
九州
沖縄
28日 21:59
28日 21:37

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報