速報 > 地域ニュース > 四国 > 記事

種から繁殖 イチゴ新品種 香川県などで実用化 病気に強く

2017/7/14 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 イチゴを種から育てる「種子繁殖」について香川県や三重県などが国内で初めて実用化し、今年2月、「よつぼし」として品種登録された。親株から子株を分ける従来型「栄養繁殖」と違い、病害虫の伝染を防ぎ育苗管理を省力化できる。海外展開の協力企業もサカタのタネなど2社が決定。イチゴの生産体系に変革をもたらす可能性を秘めている。

 7月上旬、香川県善通寺市の種苗生産・販売のバイオ・ユーの培養施設。横10列、奥行き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

イチゴサカタのタネ香川県ミヨシ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:01
東北 12:10
1:16
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 13:00
23日 23:30
北陸 22日 7:00
22日 7:00
関西 22日 7:01
22日 7:01
中国 22日 7:00
22日 7:00
四国 22日 7:01
22日 7:00
九州
沖縄
6:00
23日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報