最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 19,938.64 -161.11
日経平均先物(円)
大取,17/09月
19,920 -160

[PR]

主要企業ニュース

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ソニー、9年ぶり高値 ゲーム成長に期待

2017/6/19 22:56
共有
保存
印刷
その他

 ソニー株が19日に一時、前週末比4%高の4291円となり、2008年8月以来、ほぼ9年ぶりの高値水準を付けた。米国のゲーム見本市「E3」でゲーム専用機の注目度が高まり、「プレイステーション(PS)4」をつくるソニー株もゲーム関連株人気の流れに乗った。ゲーム事業は黒字が定着し、「お荷物」から「稼ぎ頭」に様変わりしたが、ライバルとの競争激化再燃の懸念も市場にくすぶる。

 この日のソニー株は反発し、売買代金は任天堂ソフトバンクグループに次ぐ3位になった。米見本市で映画「スパイダーマン」などを題材にした有力タイトルが相次いで発表された点が好感された。

 ソニー株はゲーム事業の業績との連動を強めてきた。今期の連結営業利益予想(5000億円)に近い08年3月期(4752億円)のゲーム事業は1000億円超の赤字。その後もしばらく低迷した。

 それが13年に発売したPS4が高精細な画像を評価され、世界でヒット。同時に会員制のネットワークサービスも強化し、今期のゲーム事業の利益は過去最高の1700億円になる見通しだ。

 もっとも嫌なジンクスもある。ソニーのゲーム事業はPS本体の販売減速に歩調を合わせるように、業績が悪化するケースが多くみられる。

 ソフトの充実で「(来期の)ダウンサイドリスクを軽減する要素がみえてきた」(ゴールドマン・サックス証券の杉山賢氏)が、今期はPS4の販売が1割減る。来期のゲーム事業が減益になるとの見方は少なくない。

 今後はゲーム関連銘柄を選別する動きが出る可能性がある。「ニンテンドースイッチ」の販売好調で任天堂株が急上昇し、時価総額は5兆2360億円に増えた。ソニー株(5兆4216億円)に急ピッチで迫っている。米マイクロソフトは11月に高性能の新型「Xbox」を投入。PS4を取り巻く環境は変わりつつある。

 ソニーは定額料金によるサービス「PSプラス」に力を入れ、過去のジンクスと決別したい考えだ。浮き沈みの大きいハード(機器)重視の事業から、サービスへの転換を進められるか。最高益更新を視野に入れるソニーの大きな課題だ。

主要企業ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

主要企業ニュース 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新着記事一覧

読まれたコラム