経営統合、飛躍の礎 西日本シティ銀初代頭取・新藤恒男氏死去

2017/6/19 22:38
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 西日本シティ銀行の初代頭取を務めた新藤恒男氏が15日、亡くなった。旧西日本銀行と旧福岡シティ銀行の経営統合や不良債権処理で陣頭指揮を執り、西日本シティ銀が全国屈指の地銀に飛躍する礎を築いた。頭脳明晰(めいせき)で公平公正。「紳士」とも称され、行内外からの信頼も厚かった。

 東京大学を卒業後、1958年に旧大蔵省に入省。主要部署の要職を歴任する「オールラウンドプレーヤー」として活躍し、将来の事務次官…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 21:30
21:30
北陸 6:32
6:25
関西 22:49
22:47
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
21:38
21:37

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報