資産運用ロボが指南 福岡銀、若年層の顧客獲得

2017/6/16 22:27
共有
保存
印刷
その他

 ふくおかフィナンシャルグループ(FG)傘下の福岡銀行は16日、お金のデザイン(東京・港)と連携し、コンピューターが資産運用を指南する「ロボット・アドバイザー」(ロボアド)サービスを始めると発表した。顧客の属性やリスク許容度などに応じて、自動的にポートフォリオの構築や運用を行う。投資経験の浅い若年層を中心に訴求し、顧客基盤の拡大を目指す。

福岡銀行

 7月末に投資一任運用サービス「THEO+(テオプラス)福岡銀行」を始める。利用者が年齢や資産運用の経験の有無、リスク許容度など5つの質問に答えると、世界の約6000の上場投資信託(ETF)から最適なポートフォリオを自動で提案、運用する。最低の投資額は10万円で、年間の手数料は投資残高の1%(税別)に抑える。

 ふくおかFG傘下のiBankマーケティング(福岡市、永吉健一社長)が提供するスマートフォン(スマホ)アプリ、「Wallet+(ウォレットプラス)」経由の利用もでき、「今後、新しい機能を追加していくことも検討している」(永吉社長)。

 福岡銀の担当者によると、「ウォレットプラスは40代までの利用者が全体の8割を占め、テオプラスの顧客属性と似通っている」という。連携により相互送客などの相乗効果が得られると判断、サービス開始に踏み切る。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 19日 7:01
19日 7:01
東北 19日 7:00
19日 7:00
関東 19日 7:01
19日 7:00
東京 19日 7:01
19日 7:00
信越 19日 7:00
19日 7:00
東海 4:00
1:53
北陸 19日 6:02
19日 6:00
関西 19日 6:00
19日 5:59
中国 19日 7:01
19日 7:01
四国 19日 7:01
19日 7:01
九州
沖縄
21日 22:15
21日 13:07更新

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報