速報 > 地域ニュース > 関西 > 記事

ダイセル 豊田合成と資本提携、エアバッグの「次」も狙う

2017/5/20 6:00
共有
保存
印刷
その他

 ダイセルは19日、豊田合成と資本提携すると発表した。ダイセルは欠陥エアバッグの大規模リコール(回収・無償修理)に揺れるタカタの代替需要で業績が堅調だが、長くは続かないと判断。エアバッグ用インフレーター(ガス発生装置)などの供給先である豊田合成と組み、自動車分野で新素材の開発や供給拡大などを進めて収益基盤を強固にする狙いがある。

 両社で約10億円の普通株式を持ち合う見通しで、出資比率は1%未満。今後の出資拡大に関しては「現時点では特に決めていない」(ダイセルIR・広報室)という。

 インフレーターなどを含む火工品事業は2017年3月期のセグメント別実績で唯一増収増益だった分野。だが5月に発表した20年3月期までの中期経営計画で同事業の売上高は1割減ると予測する。タカタ製品の代替需要が減るためだ。

 ダイセルにとって豊田合成は自動車分野の製品の主要顧客の一社。自動運転や電気自動車(EV)など次世代分野での開発で連携を深め、自動車部品用樹脂も含めて新たな収益源を育てる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 11:40
11:14
北陸 6:02
6:00
関西 6:00
5:59
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報