速報 > 地域ニュース > 関西 > 記事

大阪信金と津山信金が連携協定 全国初、自治体間の連携を補完

2017/5/20 7:01
共有
保存
印刷
その他

 大阪信用金庫と津山信用金庫(岡山県津山市)は19日、特産品などの情報交換に関する連携協定を結んだ。大阪府泉佐野市と岡山県美作市による同様の協定締結に伴うもので、自治体間の連携を地元信金が支える全国初のケースだという。両信金では今後、販売先や仕入れ先の相互紹介などを通じて地元企業の取引機会を拡大し、地域の活性化につなげる。

 泉佐野市役所で同日、千代松大耕・泉佐野市長と萩原誠司・美作市長が特産物相互取り扱い協定に調印したのに続き、大阪信金の井上裕之・泉佐野支店長と津山信金の都守秀典・美作支店長が協定書に調印した。井上支店長は「人口減などで経営環境は厳しさを増している。地域の枠を超えた連携で経営基盤を強化したい」とあいさつ。都守支店長も「旅行商品を企画して互いに送客することで観光振興につなげたい」と述べた。

 協定に基づき両市では市の物産展などで互いの農産品や観光名所をPRし、地域経済の活力を強化する。これを踏まえ、大阪信金は泉佐野支店、津山信金は美作支店が窓口となり、地元企業や農業関係者から特産品の生産や販売に関する情報を収集。両信金の本店がサポートし、(1)ビジネス商談会への取引先の相互参加(2)若手経営者や職員同士の交流(3)合同特産品フェアの開催(4)災害発生時の職員派遣による復興支援――などに取り組む。

 信金は地銀に比べ営業区域が狭く、販路開拓などの支援に限りがある。遠隔地の信金同士が組むことで、こうした課題の克服をめざす。「自治体と地元信金が同時に連携協定を結んで協力をうたうのは全国でも初めて」(美作市経済部)という。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:01
東北 22日 7:00
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 4:00
0:00
北陸 22日 7:00
22日 7:00
関西 22日 7:01
22日 7:01
中国 22日 7:00
22日 7:00
四国 22日 7:01
22日 7:00
九州
沖縄
6:00
22日 8:07

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報