ポケGO死亡事故、運転の男に禁錮2年6月 名古屋地裁判決

2017/5/12 1:27
共有
保存
印刷
その他

 愛知県春日井市で昨年8月、スマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO」を起動しながら運転し、女性(当時29)をはねて死なせたなどとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)の罪に問われた会社員の奥山裕輔被告(27)=岐阜県土岐市=の判決が11日、名古屋地裁であった。諸徳寺聡子裁判官は禁錮2年6月(求刑同3年6月)を言い渡した。

 判決理由で諸徳寺裁判官は、事故時にスマホを操作していたとまでは認められないが、「注意が運転操作よりもスマホに向けられていたことは明らか」と指摘。その上で「交通事故の中でもかなり重い部類に位置づけられる」とした。

 判決によると、奥山被告は昨年8月11日夜、春日井市内をポケモンGOをしながら運転。スマホに充電コードを差し込むことに気を取られ、横断歩道を自転車で渡っていたベトナム国籍の女性をはね、同25日に死亡させた。

 ポケモンGOをめぐっては、昨年10月に愛知県一宮市で小学4年の男子児童(当時9)がはねられ死亡する事故があり、運転の男(36)は禁錮3年が確定した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:35
7:05
北陸 6:05
6:00
関西 6:05
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:05
6:03
九州
沖縄
6:02
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報