全農と全酪連、乳牛を輸入 生乳不足対策で今年度1000頭

2017/5/9 22:50
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 JA全農と全国酪農業協同組合連合会(全酪連)は、2017年度に乳牛を約1000頭輸入する。牛乳や乳製品の原料となる生乳の不足を補う。国内での生乳供給を増やし、乳製品の生産安定につなげる。

 酪農・乳業業界が共同して乳牛を輸入するのは初めてで、オーストラリアから空輸する。両団体が契約した牛は、6~7月にも480頭程度が日本の検疫施設に到着する予定。乳牛はJA全農と全酪連が希望する会員農家に売却する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:02
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:02
7:01
関西 6:30
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:00
1:31

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報