先駆け審査に5医薬品指定 厚労省、アルツハイマー病やがん

2017/4/22 0:12
共有
保存
印刷
その他

 厚生労働省は21日、優れた新薬を早期に実用化するための「先駆け審査指定制度」の対象に、製薬会社バイオジェン・ジャパン(東京)のアルツハイマー病治療薬など5品目を指定した。この薬は患者の脳内に蓄積するアミロイドベータというタンパク質を減らし、病気の進行を抑えると期待されている。

 免疫の働きを利用するがん治療薬オプジーボについても、胆道がんへの適用を審査する。オプジーボの適用は皮膚がんや非小細胞肺がん、腎細胞がんなどへと拡大が続いている。

 ほかにデュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療薬なども指定された。

 指定の薬は、薬事承認の手続きが優先的に扱われ、通常1年かかる承認審査が半年に短縮される。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

厚生労働省ニボルマブ先駆け審査指定制度

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
25日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:02
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
2:00
25日 21:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報