東京都が時差出勤試行 7月に、全日空などと連携

2017/4/22 0:13
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 首都圏の通勤ラッシュ緩和を目指し、7月に東京都が旗振り役になって官民で時差出勤を試行する。夏休み前の約2週間、大手企業や中央省庁など数百団体の参加を見込む。今月28日に都内で主な参加団体が集まって協議会を開き、具体的な取り組みを詰めていく。

 時差出勤は混雑がピークになる平日の午前7~8時台から、出勤時間を前後1~3時間程度ずらす試み。官民を挙げた取り組みで、働き方改革にもつなげる。

 参加企業はサ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
25日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:02
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
2:00
25日 21:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報