魚粉主原料、ペルーの漁獲枠6年ぶり高水準 280万トン

2017/4/21 22:48
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ペルー政府は同国海域でのカタクチイワシの春漁(例年4~7月)の漁獲枠を280万トンにすると表明した。6年ぶりの高水準となる。カタクチイワシは養殖魚のエサとなる魚粉の主原料で、ペルーが世界最多の漁獲量を誇る。今後安定的に水揚げされれば、魚粉の先安観が広がりそうだ。

 漁の開始は22日。漁獲枠は増えたものの、カタクチイワシは気候変動の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

カタクチイワシ漁獲枠ペルー政府ペルー

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:00
関西 6:00
5:59
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報