速報 > 地域ニュース > 北陸 > 記事

福井大、白内障の進行遅らす試薬 企業連携で予防薬開発目指す

2017/4/21 7:00
共有
保存
印刷
その他

 福井大学は20日、白内障の予防薬の開発につながる物質を発見したと発表した。遺伝子の分野の研究に使う試薬の一種で、ラットに使った結果、水晶体の濁りを抑える効果を確認した。白内障の治療には外科的手術が行われるが、有効な予防法はないという。今後、企業との連携を模索し、点眼薬での実用化を目指す。

 沖昌也准教授(生物応用化学)、高村佳弘准教授(眼科学)が研究の中心となった。同じ人でも左右の目で白内障に症状に違いがあることなどを踏まえ、遺伝子配列の変化を伴わない発現の制御が発症に関わると推測。市販の26種類の発現制御の試薬をマウスに添加した結果、その一部で効果を確認できたという。

 今後、福井大医学部の眼科医と患者の協力を得て、人での効果や安全性を確認するほか、企業との共同研究を通じて実用化につなげる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

福井大学白内障沖昌也高村佳弘

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
14:47
2:03

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報