奨学金返済、私大出身者の延滞率高く 学校に制度周知促す

2017/4/20 0:35
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 日本学生支援機構は19日、貸与型奨学金の返済を3カ月以上延滞している人の割合を初めて出身学校別に公表した。2010~14年度に卒業などで受給を終えた人が対象で、平均は1.4%。大学では国立に比べて私立が高く、最大10ポイント近い差があった。同機構は「返済義務や猶予制度について、学校側も学生に周知してほしい」と説明している。

 19日、同機構のホームページで公開を始めた。大学、大学院、短大、高等専門…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 14:00
7:05
北陸 6:32
6:30
関西 6:01
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
20日 21:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報