退位の特例法骨子案、民進が「お言葉」言及を要求

2017/4/19 23:38
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 政府が検討している天皇陛下の退位を認める特例法案の骨子案について民進党は19日、与党に修正を求めた。衆参両院の正副議長が3月にとりまとめた提言との相違があると指摘。陛下が退位の意向をにじませた昨年8月の「お言葉」に触れるよう要求した。法案を巡る民進党と与党の考えの違いが浮き彫りになった。

 民進党皇位検討委員会の馬淵澄夫事務局長が自民党の茂木敏充政調会長に伝えた。

 自民党が示した骨子案では法案名称…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

天皇陛下馬淵澄夫茂木敏充退位政府民進党自民党

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:01
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
6:00
2:12

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報