AIが価格調整 デジタルカルテル、法的責任だれに
競争法のルールに難題

2017/4/2 11:06
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 人工知能(AI)などの活用で企業活動が効率化した結果、価格が高止まりして消費者に不利益を与えるケースが現れ始めた。価格決定アルゴリズムを使い事業者が利益の最大化を図る「デジタルカルテル」だ。機械が勝手に物やサービスの価格を高止まりさせた場合、法的責任は誰にあるのか。競争法分野のルールに難題を突きつけている。

 競争法の専門家らが注目する訴訟が米国で起きている。ライドシェア(相乗り)大手、米ウーバー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 29日 7:01
29日 7:00
東北 29日 7:01
29日 7:00
関東 29日 7:01
29日 7:01
東京 29日 7:00
29日 7:00
信越 29日 7:00
29日 7:00
東海 2:00
1:31
北陸 29日 6:32
29日 6:30
関西 29日 6:02
29日 6:00
中国 29日 6:32
29日 6:28
四国 29日 6:32
29日 6:25
九州
沖縄
29日 1:31
28日 22:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報