日立物流、日本酒を低コストで輸出 保冷剤使う専用容器開発

2017/3/20 23:44
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 日立物流は月内に日本酒を低コストで海外に保冷輸送するサービスを始める。断熱性の高い発泡スチロール箱に保冷剤を入れて、常温の一般貨物扱いで輸送できる専用容器を開発した。航空輸送ではクール便に比べて物流費を2~5割下げられる。肉類や果物の輸出にも対応する。

 専用容器は発泡スチロールの厚さが4~7センチメートルで通常の約2倍。発泡スチロールを段ボールでさらに覆って断熱性を高めた。保冷剤を入れることでト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

日立物流日本酒

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 14:56
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 15:40
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:05
14:03
北陸 7:00
7:00
関西 6:03
6:02
中国 15:00
6:02
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報