心筋梗塞、6番目の原因遺伝子特定 三重大

2017/3/19 23:55
共有
保存
印刷
その他

 三重大の山田芳司教授(ゲノム医学)らの研究グループは19日までに、DNAの構造がわずかに異なる「多型」があることにより、心筋梗塞が約3倍発症しやすくなる遺伝子を新たに特定したと発表した。

 心筋梗塞は生活習慣や環境のほか、遺伝的な要因が大きく関係しているとされる。山田教授らが見つけた心筋梗塞の発症を高める同様の遺伝子は6種類目となる。

 同じ遺伝子でも、人によってDNAを構成する塩基の配列がわずかに違う多型という部分がある。グループは、心筋梗塞の既往歴のある2438人と、既往歴のない9210人の血液を採取し、遺伝子のタンパク質の構成に関わる部分を詳細に解析。既往歴のある人に多く、ない人に少ない多型を比較し、発症に関係するとみられる遺伝子の多型を見つけた。

 白血球などの免疫細胞をコントロールする「STXBP2」という遺伝子の多型で、これを持つ人は血栓ができやすくなり、心筋梗塞の発症比率が一般よりも2.94倍だった。女性では3.77倍になった。

 山田教授は「関連する多型からリスクを正確に予測できるようになれば、積極的に治療し、予防につなげることができる」と話している。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

多型心筋梗塞DNA原因遺伝子三重大学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 24日 7:01
24日 7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 24日 7:01
24日 7:01
東京 24日 7:00
24日 7:00
信越 24日 7:00
24日 7:00
東海 1:30
25日 23:02
北陸 24日 6:05
24日 6:00
関西 24日 6:05
24日 6:02
中国 24日 5:55
24日 5:50
四国 24日 6:05
24日 6:03
九州
沖縄
25日 1:27
24日 6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報