参天製薬、緑内障手術時間15分に 治療器具を世界販売

2017/3/18 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 眼科用医薬品大手の参天製薬は、緑内障の新型治療器具を世界で販売する。小さなチューブ型で簡単な切開手術で目に埋め込み、失明につながる症状悪化を抑える。手術時間を約15分と従来より大幅に短縮した。年内に売り出す欧州を皮切りに米国でも投入。高齢者が多い患者の負担が小さい強みを生かし、年5000億円以上とされる成長市場で競合に対抗する。

 緑内障は点眼剤による治療が一般的だが、症状が悪化した場合、眼内にた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 14:30
7:05
北陸 6:00
6:00
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報