ソフトバンク、AR・VRで歯科治療支援

2017/3/17 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ソフトバンクグループは拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の技術を活用し、歯科治療を支援するシステムを開発した。ヘッドマウントディスプレーをかぶると、目の前の画面に肉眼では確認できない神経や血管などのCG(コンピューターグラフィックス)画像を表示する。歯科医の研修などの需要を見込む。

 子会社のリアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(東京・港)が歯科医療機器販売のモリタ(大阪府吹田市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:30
6:01
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:00
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報