ソニー、東大とAI・VRに強い人材育成

2017/3/14 0:06
共有
保存
印刷
その他

 ■ソニーと東京大学 13日、新しい学問領域「ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学」に共同で取り組むと発表した。知覚や認知、身体、健康などの人間の能力を、ロボットやウエアラブル端末などを使って拡張する技術を開拓する。4月から東京大学でソニーが寄付講座を提供し、セミナーやシンポジウムを通じてAI(人工知能)や仮想現実(VR)など最新技術に強い人材を育てる。2020年3月までの3年間で、ソニーが7500万円を寄付する。人間と技術、人工知能が一体化して相互に能力を強化し合う研究を体系化し、世界の産業発展や人材育成につなげる。

 人間拡張はソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)の副所長を兼任する東大大学院の暦本純一教授が唱え、新しい学問領域として注目されている。これまではドローンやウエアラブル端末を使ったトレーニング支援などを行っている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 6:02
6:01
関西 12:00
5:55
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
1:31
25日 21:49

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報