膵臓がん新治療法を開発 東京女子医大など、微粒子と超音波で

2017/3/12 23:32
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東京女子医科大学と東京医科大学などは膵臓(すいぞう)がんの新たな治療法を開発し、4月にも臨床試験(治験)を始める。抗がん剤を含む微粒子と超音波を組み合わせ、がん細胞をピンポイントでたたく。抗がん剤や超音波の単独使用に比べ、高い効果が期待できるという。安全性や効果を確かめたうえで、数年後の実用化を目指す。

 膵臓がんは早期発見が難しく、治りにくい。安全性を確かめる治験は東京医大病院で膵臓がんなどの患…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:01
7:00
北陸 7:00
7:00
関西 6:03
6:02
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報