租税回避 低税率の国・地域に利益移転

2017/3/10 1:28
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 国や地域によって異なる税率の差を利用し、企業や個人が税率の低い国などに利益を移して税負担を軽くすること。税率の低い国や地域はタックスヘイブン(租税回避地)と呼ばれ、カリブ海のケイマン諸島などが有名だ。2016年には企業や富裕層の節税実態を暴露した「パナマ文書」が明らかになり、租税回避に対する国際的な批判が高まった。

 知的財産は独自性が高く、開発直後は価値を評価するのが難しい。このため、企業が商業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

関連キーワードで検索

租税回避地税率低税率OECD

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 28日 14:56
28日 7:00
東北 28日 7:00
28日 7:00
関東 28日 7:01
28日 7:00
東京 28日 15:40
28日 7:00
信越 28日 7:00
28日 7:00
東海 28日 22:00
28日 21:30
北陸 28日 7:00
28日 7:00
関西 28日 6:03
28日 6:02
中国 28日 15:00
28日 6:02
四国 28日 6:02
28日 6:00
九州
沖縄
28日 22:41
28日 22:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報