伊藤忠、小売店をAIで効率運営 カメラ画像で分析

2017/3/2 23:36
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 伊藤忠商事は人工知能(AI)を使って小売店の運営を効率化する。カメラの画像から来店客の多い時間帯や属性を分析するベンチャー企業、ABEJA(アベジャ、東京・港)のAIをグループの2千~3千店に導入する。東芝テックも自社製のPOS(販売時点情報管理)レジとアベジャのAIを連携させる。人手不足に悩み、人員配置を効率化したい小売店のニーズに対応する。

 伊藤忠は3月中旬にアベジャに1億円を出資する。2~…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 21:34
21:33
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:01
中国 7:01
7:01
四国 11:50
7:01
九州
沖縄
6:00
2:12

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報