林業再生 新建材 用途拡大に期待 高品質丸太の需要増が課題

2017/3/2 23:01
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 岡山県真庭市は市内の8割を森が占める。2018年春に4校の統合で開校する北房小学校は、岡山県産の木を校舎に使う。総量は約2000立方メートルと、一般的な木造住宅83戸分。その半分を占めるのが新建材「直交集成板(CLT)」だ。

 CLTは木目が直交するように板を何層も重ねている。耐火性が高く、欧州では高層ビルにも使う。真庭市内に本社がある銘建工業は有数のCLTメーカーだ。昨年は壁や階段にCLTを使っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:14
12:29
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:59
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
13:25更新
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報