時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,057,345億円
  • 東証2部 91,531億円
  • ジャスダック 93,042億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率17.04倍15.78倍
株式益回り5.86%6.33%
配当利回り1.64% 1.68%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 20,130.41 -94.68
日経平均先物(円)
大取,17/09月
20,140 -10

[PR]

マーケットニュース

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

糸井重里氏の「ほぼ日」、3月16日ジャスダック上場
東証承認、知名度武器 市場も注目

2017/2/13 23:36
共有
保存
印刷
その他

 東京証券取引所は13日、ほぼ日(東京・港)の株式上場を承認した。3月16日にジャスダック市場に新規上場する。著名コピーライター、糸井重里氏(68)が1979年に設立した個人事務所が前身で糸井氏が代表取締役を務める。知名度を武器に新しい新規株式公開(IPO)の形を示せるか、注目される。

 想定発行価格(2300円)で計算した時価総額は約50億円。約4割の株式を保有する糸井氏が7万5000株売り出す。新株発行などで計6億円強を調達する。

糸井重里氏

糸井重里氏

 収益構造はユニークだ。運営する人気ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」は創刊以来、広告を掲載しない。代わりにサイト上の読者の声を基に生活関連商品を開発・販売し、収益源とする。特に「ほぼ日手帳」が売上高の約7割を稼ぎ出す。2017年8月期の単独売上高は前期比1%増の38億円、税引き利益は8%増の3億円を見込む。

 株式市場では「成長性への期待感は小さい」との声も聞かれるが、糸井氏は「柔らかいIPO」との言葉で利益至上主義から一線を画す姿勢をにじませる。上場市場も高い成長性が求められるマザーズでなく、あえてジャスダックを選んだもよう。カリスマ文化人の経営手腕やいかに――。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム