東電、NTTと新会社 通信施設の蓄電池を停電時活用

2017/1/31 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東京電力ホールディングスとNTTが電気の安定供給に向けた新規事業で提携する。NTTが各地の通信用施設に備えている大量の蓄電池を使い、停電発生時にビルや公共施設に電気を送る。東電は福島第1原子力発電所事故のコストが膨らみ、資金捻出のための収益源の確保が急務だ。単独では投資余力に限界があり、NTTとの提携で投資負担を軽くして新分野を開拓する。

 ビルなど顧客企業は非常用電源を自前で持つ必要がなくなる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 26日 0:15
25日 7:01
東北 25日 7:00
25日 7:00
関東 26日 12:18
26日 7:01
東京 25日 7:00
25日 7:00
信越 25日 7:01
25日 7:00
東海 1:51
25日 14:30
北陸 25日 6:00
25日 6:00
関西 26日 1:43
25日 6:00
中国 25日 6:02
25日 6:01
四国 25日 6:02
25日 6:01
九州
沖縄
26日 1:45
25日 2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報