谷川将棋連盟会長が辞任 不正騒動「対応に不備」

2017/1/19 0:31
共有
保存
印刷
その他

 日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)は18日、東京都渋谷区の将棋会館で記者会見し、会長を辞任すると発表した。コンピューターソフトの不正使用疑惑を巡る混乱の責任を取った格好だ。昨年末に第三者調査委員会は「(処分は)やむを得ない」としたが、谷川会長は「対応に不備があった。トップとして出処進退についてけじめをつけないといけない」と話した。

 辞任の意向を固めている島朗常務理事(53)とともに、19日の理事会で辞任の承認を受ける。新しい理事を選ぶ臨時総会を2月上旬にも開き、その後の理事会で新会長を選出する。それまで谷川会長が職務を続ける。

 将棋連盟は昨年10月、対局中にソフトを不正使用した疑いが浮上した三浦弘行九段(42)を出場停止処分とした。第三者調査委員会は12月末に「不正の証拠はなかった」と発表したが、竜王戦七番勝負の挑戦権を獲得していた三浦九段の処分については「やむを得なかった」としていた。

 谷川会長は対局規定の整備の遅れや疑惑の調査など「もっと早くいろいろな手を打てた」と昨年10月以前の対応の反省点を挙げた。昨年末までは今年6月までの任期を全うする考えだったが「年末年始に休養しても心身の不調が回復せず、会長の重責を担い続けることは難しい」「(関係者に)誠意を伝えるには辞任が一番」と判断した。

 記者会見では三浦九段が2月13日、復帰第1局として羽生善治王座(46、王位・棋聖)と竜王戦の予選を戦うことも発表。谷川会長は「三浦九段の対局復帰などに一定のめどがついた」ことも辞任の理由に挙げた。

 谷川会長は専務理事だった2012年12月、米長邦雄前会長の死去を受けて会長に就任した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 19日 7:01
19日 7:01
東北 19日 7:00
19日 7:00
関東 19日 7:01
19日 7:00
東京 19日 7:01
19日 7:00
信越 19日 7:00
19日 7:00
東海 6:00
0:57
北陸 19日 6:02
19日 6:00
関西 19日 6:00
19日 5:59
中国 19日 7:01
19日 7:01
四国 19日 7:01
19日 7:01
九州
沖縄
6:00
19日 6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報