海外REIT型投信、アセマネOneなど分配金引き下げ

2017/1/5 23:29
保存
印刷
その他

 海外不動産投資信託(REIT)で運用する投信の分配金引き下げが止まらない。アセットマネジメントOneは5日、運用する「新光US―REITオープン」の分配金を約4年ぶりに引き下げると発表した。運用難から毎月支払う分配金の原資が細り、実態に合わせた分配に変える。個人投資家に高い人気を誇った商品だけに、他の投信販売に与える影響も大きいとみられる。

 1月から分配金を25円減らし50円にする。同投信の純資産残高は約1兆5600億円と国内公募投信(上場投信除く)では残高が2番目に大きい。5日には残高3位の日興アセットマネジメントも分配金の引き下げを発表した。

 残高が最大だった「フィデリティ・USリート・ファンド」も2016年11月に分配金減額を発表済み。相次ぐ分配金引き下げに「利回り低下を嫌気した個人の解約で17年は大幅な資金流出となる」(大手証券の幹部)との見方が強い。

 海外REIT型は高水準の分配金が特徴で、低金利下では個人マネーの受け皿だった。海外REIT型全体で2兆円を超える資金が流入し、16年では最も人気を集めた。

保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:25
6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報