ハクサイ3倍、ダイコン2倍 東京・大田市場で初取引

2017/1/5 23:27
共有
保存
印刷
その他

 東京・大田市場で5日、今年の初取引が行われた。キャベツの卸値(相対取引・中値)は前年の初取引に比べ2~3倍、ハクサイは3倍、ダイコンも2倍と野菜の高値が目立った。昨年9~11月にかけての全国的な日照不足で「入荷量が少ない」(青果卸)ため、卸値の高騰が続いている。

 ニンジンやネギなどの野菜を木製の船に盛りつけた「宝船」の初セリは大が15万円、中が5万円で前年と同額だった。競り落とした仲卸業者、丸二(東京・大田)の担当者は「良いスタートがきれた」と話した。宝船は神奈川県内のスーパーに飾られる予定だ。

 ハウス栽培のサクランボは最高で500グラム20万円で前年と同額。JA全農山形によると「好天で出荷量が前年より多い」という。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

大田市場白菜丸二

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:15
12:35
北陸 7:01
7:00
関西 6:01
6:00
中国 7:02
7:01
四国 12:00
7:02
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報